Try WiMAX WiMAX2+

MENU

Try WiMAXにWiMAX2+対応ルータも追加で無料で試せる!

Try WiMAX2+

 

WiMAXを契約して通信できなかったらかなり後悔しますよね?

 

そんな慎重派のあなたにオススメしたいのが、「Try WiMAX」です。ですが、最近まではWiMAX対応ルータのみでWiMAX2+を自宅で試せることができませんでした。

 

新サービスでもあるWiMAX2+はまだまだ全国までエリアを広げていません。徐々に広げている段階なのですが、すでに対応エリアになっていても県全体でつながるというわけでもありません。

 

だからこそ、興味があって利用したいけど「ほんとにつながるのか心配」というユーザーはTry WiMAXでまずは自宅や通勤通学エリアなど実際に利用する場所でWiMAXやWiMAX2+がつながるかどうかチェックしてみるといいと思います。

 

利用可能期間は「15日間」

Try WiMAXの貸出期間

UQ WiMAXで申し込んで利用する場合、貸し出し期間が15日間に決まっています。しかも、UQ WiMAX側から機器が発送されてから機器がちゃんと返済完了するまでなので実際は10日間ほどです。

 

ですが、1週間もあれば通勤通学、デートや出張、外出時のカフェなどでWiMAX2+を試すには十分です。

 

Try WiMAXを利用するときの注意点

Try WiMAXを利用するには無料で利用が可能できますが、「クレジットカードの登録」が必要です。

 

本人名義のクレジットカードが必要となります。未成年の場合は親御さんから承諾を得て利用したり、持っていない人は「楽天カード」など楽天市場などで買い物をしたときにポイントもついてきて申し込み時に数千ポイントがもらえる楽天カードがオススメです。

 

楽天カードの詳細はこちら

 

今後契約しようと思ったらまずは「Try WiMAX」がオススメ!

WiMAXだけではありませんが、無線を利用して通信ルーターは外部の影響を受けやすいのが欠点です。つまり、万能でどこでもつながるというわけではなく、ビルの中や電車、車で移動中には電波が切れる場所もあります。

 

つまり、どこかで妥協しながら使っていくのが現状です。

 

まったく繋がらないというのは一番避けたいことです。通信可能エリアマップでも利用可能となっていても、100%信じてはいけません。契約前にはTry WiMAXで一度使用感をチェックしてからWiMAXを契約して欲しいと思います。電波はUQ WiMAXが管理しているのでどのプロバイダでも大丈夫です。

 

Try WiMAXの申込みはこちら

 

トップページへもどる