ネット回線の見直し

MENU

引越しはネット回線の見直しのチャンス!

引越しのシーズンになると悩むのが「ネット回線をどうするか」ではないでしょうか。そして、最近ではWiMAX2+やイーモバイルなどモバイルルーターが非常に人気で申し込み件数も伸びています。屋内・屋外で使えるので非常にメリットが大きいと感じますが、反面デメリットもあります。

 

WiMAX2+はこんな人におすすめ

 都心部に住んでいる一人暮らし・単身赴任の学生・社会人
 出張が多く高速のネット回線で利用制限がないほうがいい
 カフェなどで仕事をしていて無料Wi-Fiばかり探している
 スマホを持っているがよく7GB規制に引っかかるのがストレス

 

モバイルルーターは特に都心部に住んでいる一人暮らしや単身赴任の学生や社会人の方にオススメです。なぜならば、ルーター端末を外に持ち出していかないとネットに接続できませんので外に出かけると家の中ではネットが使えなくなります。(ルーターを2台持つことにより解決できますが追加料金が発生)

 

出張が多い人は会社からモバイル回線で接続できるルーターが支給されるかと思いますが、3G回線だと遅くてしょうがないはず。でも、WiMAX2+などのモバイルルーターは3G回線より高速のネット速度でインターネットにつなげることができます。

 

カフェなどで最近仕事をしている人も増えました。カフェなどでも無料のWi-Fiを利用できるところがありますが、行動範囲が絞られますし、回線速度がそこまで速くない、セキュリティが甘いなどの問題があります。WiMAX2+であれば回線速度、セキュリティ面も無料Wi-Fiを上回ります。

 

最近のスマホはLTEを利用できますが、7GB制限がありますよね?7GBの利用制限を超えると128Kbpsに速度が大幅ダウンします。これは3G回線よりも遅い速度です。でも、WiMAX2+なら契約して2年間は利用制限はありません。

 

モバイルルーターと固定回線を比較

 

モバイルルーター(WiMAX2+)

固定回線(光ファイバー)

配線工事

不要

必要

配線・設備

不要

LANケーブルやモデム必要

ルーターが届けば利用可能

回線工事まで2〜4週間待ち

速度

環境による

高速

利用料金

安い

高い

利用可能エリア

屋内・屋外

屋内のみ

メリット

家でも外でもインターネット可能

高速で安定した回線速度

引越ししてすぐ使える

-

デメリット

つながらないエリアがある

料金が高い

回線速度が不安定

外ではネットがつながらない

 

モバイルルーターは配線工事が不要。LANケーブルやモデムなども必要ありません。(クレードルにより有線接続可能) 速度は利用するエリアや外部環境によって変化しますが、屋内・屋外で利用できるのが非常に大きいですね。利用料金も光ファイバーよりも安いことが多く、光ファイバーは5〜6千円くらい。モバイルルーターは4千円以下で利用できます。お財布にやさしいですね。

 

WiMAX2+に関する疑問を解決

 

キャンペーン

 

トップページへもどる