WiMAX2+ HWD15 キャンペーン

MENU

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15が8月1日に新発売!

 こちらのページで紹介している機種は下り最大速度220Mbpsには対応していませんのでご注意ください。  

 

 下り最大220Mbps対応ルーター比較はこちら

 

11月20日より最新のWiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」が発売になります!詳細はこちらをチェック

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の後継機種としてHWD15が2014年8月1日からUQ WiMAX2+および、MVNO各社より新発売されました。

 

スペックを見てみると、HWD14と比較して大きな変更点としてクレードルに対応して有線LAN接続可能。クレードルなら有線LANでデスクトップパソコンにもつなげれるので固定回線代わりとしてもネットに接続可能。WiMAXハイパワー対応になりました。HWD14のマイナーチェンジ版みたいなものです。

 

HWD15は現時点で最新のルーター端末となります。HWD14はWiMAX2+サービス初期に登場した端末でしたが、結構不具合が多くて不評でした。ですが、新登場したHWD15はWiMAXハイパワー対応になったり、クレードル対応になったり、HWD14で足りなかった部分を補う形でバージョンアップしていると言えます。

 

NAD11かHWD15のどちらかを選ぶかという話になりますが、NAD11と大きく違う点はau 4G LTEが利用できるかどうかです。NAD11はau 4G LTEに対応していません。一方、HWD15はau 4G LTEを利用することができます。WiMAXとWiMAX2+だけでは物足りなさそうだと思ったらHWD15を選んだほうがいいでしょう。

 

WiMAXのみのノーリミットモードに手動でつなげることができ、まだ利用できます。サービスエリアも広いのでちょっと田舎でも大丈夫。

 

実は、au 4G LTEが一番サービスエリアが広いのでつながらない田舎のほうのエリアでも利用する場合があるならHWD15を選択するべきです。(オプション料金 1,005円/月かかります)

 

youtubeのWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15紹介動画

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15のスペック

寸法(高さ×幅×厚さ) 約 104×64×14.95mm
質量 約140g
連続通信時間

LTE  約10時間
WiMAX 2+  約10.5時間
WiMAX  約9.4時間

同時接続台数 10台
クレードル 別売対応
WiMAXハイパワー 対応
ACアダプタ 同梱
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n
その他機能 スマホ給電、au Wi-Fi SPOT利用可能、モバイルチャージャー、カラータッチパネルディスプレイ

 

キャンペーン

 

WiMAX2+の他ルーターに関する情報はこちら

 

WiMAX2+に関する疑問を解決

 

トップへ戻る