ADSL 乗り換え 光回線

MENU

ADSLが廃止されたら光回線に乗り換えるべきか

NTT東西は7月末に「ADSL」の新規申し込み受け付けを16年6月で終了すると発表。光ファイバーによる家庭向けインターネット接続サービス「FTTH(ファイバー・ツー・ザ・ホーム)」普及のあおりを受けて、契約数が減り続けるADSLサービスの終了が現実味を帯びてきた。

 

ADSL事実上の“終了宣言” 大手通信、300万ユーザー乗り換え争奪戦
ttp://www.sankeibiz.jp/business/news/150815/bsj1508150500002-n1.htm

 

このようなニュースが飛び込みました。NTTが2016年6月で新規申込みを終了するとの発表があったんです。ADSLも2000年以降にはネット回線の主流となりましたが、光回線や携帯スマホ、WiMAX 2+などのモバイル回線が登場してからは契約者数もどんどん減少しており、今では契約者数はピーク時の4分の1まで利用者が減っています。

 

ADSLで十分という利用者も多いようですが、最近ではさまざまなモバイル回線が登場しています。光回線では月額料金がADSLより高くなるということで毛嫌いしている人とも多いようです。

 

しかし、光回線でも月額5,000円以下で下り最大2Gbpsの超高速ネット回線があるんです。

 

 

NURO光は関東地方のみですが、非常に高速のネット回線を利用できます。今なら高額キャッシュバックのキャンペーンも実施していますので魅力的です。興味のある方はぜひチェックしてください。

 

ただし、関東地方のみの提供ということで関東地方以外は残念ながら利用できません。残念ながら地方の場合は光回線が対応していないエリアもあります。その場合はWiMAX 2+などもモバイル回線やケーブル回線を利用するしかないでしょう。

 

もし、WiMAX 2+などモバイル回線を利用してみたいという人はまずはエリアチェックをしてみてください。そして、WiMAX 2+は無料で試すことができるTry WiMAXというサービスがありますから一度速度や使用感をチェックすることができます。

 

トップページへもどる